摩擦圧接

機械的回転エネルギーによる摩擦熱を利用して、金属同士を接合する摩擦圧接。

パイプ部と軸部の接合は焼きばめ・機械的溶接と比較して

大幅に軽量化と強度アップを実現しました。

接合部は母材と同等以上に強度を保ちローラー全体の剛性を向上。

また、製品に求められる強度や軽さを考慮し​炭素鋼ステンレス鋼など

さまざまな異鋼種の摩擦圧接によるローラー制作に対応します。

回転バランス

「送るシートにしわがよる」「ローラーがスムーズに回転しない」

という課題を解決します!従来の静的バランスではなく実回転数による

回転バランス(動的バランス・ダイナミックバランス)を調整することで

ローラーの回転性能をアップします。

保守

設計から製造・組立て・メンテナンスまで一気通貫の体制を取ることで、

納期時短や品質向上を実現。お客様の声や体制作りの中で生まれる

様々な課題を解決しながら、日々技術力の研鑽に努め

ロールtoロールの技術を確率しました。

​素材開発

㈱中原製作所は、より強く、より軽く、環境負荷を低減するため、

日本を代表する鉄鋼メーカーと共同で母材となるハイテンパイプを開発。製作/加工過程における環境負荷では優位性を発揮し、

アルミと比較して2.5倍の強度を有すハイテンパイプが完成。

高張力銅板の特性を生かして超軽量アルミローラーが抱える課題を

解決します。

​品質管理

国際航空宇宙品質グループ作成の規格を基にした日本工業規格JISQ9001

の認証を取得。

大手メーカーの協力を得て、厳しい品質管理体制を構築。

​まるで高級ワインセラーのような厳密に温度/湿度を調整した検査室を

完備しています。三次元測定機を導入し、より高精度高機能な製品作りを目指します。